産後太り

ワンデイクレンズで失敗した人の共通点が判明!失敗しないやり方とコツを詳しく解説

ワンデイクレンズで失敗した人の原因はこれ!

ワンデイクレンズでファスティングに失敗した人の原因は、

①お腹が空いてガマンができない

②好転反応がツラい

③ワンデイクレンズセットの味がまずい、苦手

 

失敗した人には上記3つ共通点がありますが、ファスティングに成功して、しっかり結果を出している人もいます。

 

ワンデイクレンズのファスティングは、まる1日固形物を食べずに過ごすので、ある程度の空腹感や好転反応の症状が出る人がいます。

 

でも、ファスティングに成功した人は、ファスティング中の過ごし方や取り組み方を工夫して、1回で平均2~3キロ程度の減量に成功していました。

 

空腹感や好転反応にそなえて、しっかり準備してファスティングに成功していたのです。

 

これからファスティングをやってみたい、一度挫折してしまったけど再挑戦したいという方は、先に失敗してしまう原因や対処法を知っておくと安心です。

 

この記事では、ワンデイクレンズセットを利用したファスティングで失敗した人の原因、
そして、ファスティングに成功した人の口コミからわかったファスティングのコツやファスティングに失敗しないやり方をご紹介しています。

 

初心者でも失敗しにくいファスティング「ワンデイクレンズセット」のくわしい内容は公式サイトで確認できます。

公式サイトはこちら>>【ワンデイクレンズセット GBトク得コース】

 

ワンデイクレンズでファスティングが失敗した人の原因を検証!

最初にもお伝えしたように、ワンデイクレンズでファスティングに失敗した人の原因はいくつか共通点があります。

 

ここでは失敗してしまう主な3つの原因と対処法をまとめました。

失敗する原因①空腹が我慢できない

ワンデイクレンズのファスティングは酵素スムージーをだけを飲んで断食(ファスティング)をする日が1日あります。

基本はスムージーだけしか飲まないので、お腹が空きます。

 

ファスティングにはある程度のガマンは必要ですが、無理をしてもファスティング後にたくさん食べてしまい、リバウンドして、結局ファスティングに失敗してしまいます。

 

空腹感をうまくコントロールできるかがファスティング成功への重要なポイント。

 

対処法として、固形物を取らないよう常温のお水や白湯など、水分でお腹を満たします。

白湯を飲むとデトックスも促進され、満腹感も出ますよ。

 

ワンデイクレンズで空腹感が出てきて、ツラく感じるのは3日目の夜あたりから5日目ぐらいまでです。

 

SNSでは、お腹が空いたとき用に炭酸水を準備したり、散歩や軽い運動をして食べ物のことを考えないように過ごしている人もいました。

 

 

失敗する原因②好転反応がツラい

ファスティングをすると、少なからず好転反応が出ると思っていなければいけません。

ガマンできる場合は水分を多く飲んだり、横になる、睡眠時間をたっぷり取るなどして、様子を見てファスティングを進めましょう。

 

好転反応は体内の毒素や老廃物が排出されるときの症状です。

毒素や老廃物が排出されればおさまります。

 

口コミを見ると、ファスティングに成功した人は少量の糖質やミネラルを摂取して、うまく不快な症状を乗り越えています。

 

ただし、症状がどんどん悪くなっていく、ガマンできない頭痛や痛みは体調不良の場合があるので、ファスティングを中止して様子を見ましょう。

 

空腹感や好転反応の対処法は、この下の「ファスティングに失敗しないコツとやり方」で詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

失敗する原因③ワンデイクレンズセットの味がまずい?苦手

ワンデイクレンズの酵素スムージーは少し甘めのバナナ味がベース。

青臭さが気にならないよう飲みやすくしてあります。

 

でも、人によっては「味が甘すぎる、まずい」という声も。

そんなときは水以外で作ると甘さもおさえられます。

 

また「少し薄めに作ると飲みやすくなった」という声もありました。

 

回復期に食べる雑穀のおかゆは、雑穀米が苦手な方にはツラいですね。

SNSでは「おかゆがまずいのでスッキリ大根(昆布だしで大根を煮たもの)に置き換えた」という人もいます。

 

付属のおかゆ以外のものを回復食にする場合は、ファスティングのあと初めての固形物なので、消化器官に負担とならない物を選びます。

だからシンプルな「おかゆ」や「柔らかく煮込んだ野菜」が最適。

 

雑穀が苦手な人は、普通の白米のおかゆでも大丈夫です。

レトルトのおかゆなら「梅がゆ」や「玄米がゆ」など種類も豊富で、準備も簡単ですよね。

 

ファスティング後の回復食は、動物性タンパク質や脂肪分が多い食べ物を避け、添加物や精製された白砂糖はなるべく摂らないよう気をつけましょう。

 

ファスティングでいちばん気になるのは、「空腹感が我慢できるか」そして「ツラい好転反応をどう乗り切るか」ではないでしょうか。

 

空腹感や好転反応をうまく乗り越えられれば、ファスティングは失敗しにくいと言えます。

ワンデイクレンズのファスティングはガマンが少なく、軽い食事を摂りながら準備期をすごします。

 

また好転反応がひどく出ないよう、固形物を摂らないファスティングの日は1日だけ。

ファスティング初心者でも挑戦しやすく、ツラくないように工夫されています。

 

 

ファスティングが1日だけだからガマンが少なく失敗しにくい!
ワンデイクレンズセット公式サイトはこちら>>【ワンデイクレンズセット GBトク得コース】

 

次に、ワンデイクレンズのファスティングに失敗しないコツと、やり方を詳しくまとめました。

 

ワンデイクレンズでファスティングに失敗しないコツ

ここからはワンデイクレンズでファスティングに成功している人の口コミを交えて、ファスティングに失敗しないコツをご紹介します。

水分をたくさん取る

ファスティング期間中は毎日2リットルを目標に、水分をたくさん飲むよう心がけます。

水分をたくさん飲むことで、デトックスを促進し、好転反応が出た場合でも軽い症状で済む場合があるからです。

 

ファスティング期間はカフェインを含む飲み物は飲むことができないので、常温の水や白湯などを飲みます。

SNSでは、空腹をまぎらわすため、炭酸水を用意してファスティングに挑戦している人、デトックス促進のために白湯を飲む人がたくさんいます。

スムージーの味が苦手な人は冷たくして飲む

スムージーは温かいと甘い味が強く感じるため、冷たいもので溶かして飲むほうが飲みやすいです。

またスムージーの味が苦手と感じる場合は豆乳や牛乳で飲むと、甘みが抑えられ飲みやすくなります。

 

スムージーの味が苦手でなければ、ヨーグルトにかけて食べるとおいしいと評判です。

 

低血糖や好転反応のためのアイテムを用意する

ファスティングが進み、好転反応や低血糖状態になると頭痛や動悸、目まい、吐き気、倦怠感などの症状が出る場合があります。

 

そんなときは、シンプルなラムネや添加物のはちみつアメ、黒糖など少量の糖質をとると症状の軽減に有効です。

急激に大量の糖質をとると再び症状が出てしまうので、様子を見ながら1日に1〜2個程度が適量です。

 

また少量の糖質で症状が改善しない場合は、ミネラルの摂取も症状の軽減に効果的

 

天日塩や無添加の梅干し、しお飴などを用意して、症状によって摂取してみるとつらい症状が軽減するので、ファスティングのときに準備している人もいます。

 

水と1日1~2個の無添加の梅干しで、症状がおさまってきたという人もいました。

 

好転反応は人によって症状や重さが全く違います。

なんの症状も出なかった人もいれば、ダルくて起き上がれないという人もいました。

 

また、糖質中心の食生活をしている人ほど低血糖の症状が出やすく、暴飲暴食や食生活が乱れていると好転反応が起きやすいとも言われています。

 

空腹がガマン出来ないときの対処法も準備

お腹が空いたら、常温のお水や炭酸水、白湯など、水分で空腹感を満たします。

でも空腹がどうしてもガマンできない時のために、具なしのみそ汁やスープ(具なしが難しい場合は少量の野菜も可)などを準備しておくと安心です。

 

みそ汁やスープを飲んで、家事や軽い運動などするとだいぶ空腹感もまぎれます。

温かいものを飲むと、一時的に満足感が出るため途中で挫折せず、ファスティングも失敗しにくくなります。

 

また食べ物のことを考えないように、映画を見たりショッピングなどで気をまぎらわせるのもひとつの方法です。

 

仕事や予定のある日、忙しい時期はやらない

 

ファスティングに成功している人は仕事や予定があるときはファスティングを行っていない場合が多いです。

普段は家族の食事を作らなくてはいけないので、作らなくて良い日に合わせてファスティングをするという人もいました。

 

また仕事や生活に影響があるときは、3日間という短期間の裏技でやってみるのもひとつの方法。

短期間なので、ガマンも少なく失敗しない1つの方法です。

ただし、1週間のファスティングよりは体重減少の効果は少ないです。

生理が終わったタイミングで始める

 

生理前や生理中のファスティングは好転反応が出やすい状態です。

そして生理中は水分が体に溜まりやすく、むくみやすい時期。

ファスティングによるガマンのストレスも受けやすいため、生理が終わったタイミングで始めるほうが効果が出やすく失敗しにくいです。

コルセットやガードルなどで食欲を抑える

ファスティングは食欲をうまくコントロールできるかも成功するかどうかのポイントとなります。

ガマンする自信がない方は、コルセットやガードルでお腹を引き締め、食欲が出ないようにしている方もいました。

ファスティングが終わっても食事に気をつける

ファスティングが終わったあと一番気をつけなければいけないのが食事です。

ファスティングが終わった直後は、栄養の吸収が良くなるので、リバウンドしやすくなります。

ファスティングが終わった反動で食べすぎないよう注意しましょう。

 

SNSや口コミ見ると、口さびしく食べ物をつまむことがなくなった、よくかんで食べるようになった、うす味で満足できるようになったと食習慣が変わる人ばかりです。

ファスティングが終わったあとは、うす味の食事で、腹八分目でも満足できるようになるため、その習慣を維持していかなければなりません。

 

またファスティングは1回で終わらず間隔を開けて継続していくことで、リバウンドしにくい体を維持していくことができます。

 

公式サイトではワンデイクレンズのファスティングは2週間に1度、継続していくことを推奨しています。

ファスティング後の食習慣に気をつけ、定期的にファスティングを継続していくことで、半年で合計8キロの減量に成功したという人もいました。

 

運動は続かなかったり、かんたんな食事制限だけだとすぐにリバウンドしてしまうことが多いですが、ファスティングを生活にうまく取り入れることで、失敗せずにしっかり効果を出すことができるのではないでしょうか。

ワンデイクレンズの失敗しないファスティングのやり方を確認

ワンデイクレンズは以下のファスティングのスケジュールカレンダー通りに進めます。
失敗しないコツも合わせて確認していきましょう。

 

①準備期(1日目~3日目)

準備期の朝食はワンデイクレンズセットの酵素スムージーを飲みます。

1~2日目は間食を食べてもいいので、ツラさも少ないのではないでしょうか。

昼食・夕食はファスティング期間中に代謝酵素を活性化させて体内をリセットさせるため、軽めの量で、バランスの取れた和食が推奨されています。

和食が難しい人は、糖質や脂質の多いメニューを避け、食べすぎないよう注意しましょう。

 

3日目の夜あたりから空腹感が出る人もいます。
付属のスープのほかに炭酸水や添加物の少ない具なしのみそ汁やスープを用意しておくと、お腹が空いたときも安心です。

②ファスティング日(4日目)

4日目は酵素スムージーで過ごすファスティング日です。

スムージーを飲む間隔は自由ですが、1日5回に分けて飲みます。

 

スムージー以外でお腹が空いたら、常温のお水や白湯、炭酸水などを飲んで過ごしましょう。

 

どうしても空腹がガマンできないときは、温かい具なしのスープやみそ汁を飲んで、空腹感をまぎらわします。

また食べることに意識を向けないよう、映画やショッピング、散歩などをすると気分もまぎれます。

 

吐き気や頭痛、だるさなど好転反応が出た場合は、ミネラルを摂ると症状が改善する場合もあります。

 

SNSでは多数の方が、「梅干し」を常備していました。ミネラル摂取や吐き気がある時に効果的です。
梅干しは、はちみつ梅などを避け、できるだけ無添加のものにします。

 

また低血糖の場合は無添加のはちみつアメを用意している人も目立ちました。

 

気分に合わせて少量の糖質やミネラルを摂ったり、横になる、睡眠時間を増やすなど対処法を試して好転反応の症状を乗り越えましょう。

症状が改善せず、どんどん体調が悪くなっていく場合はファステングは中止して様子を見ます。

 

好転反応の症状は人によってさまざまです。

中には「すごく眠くなった」という症状の人もいました。

日ごろ暴飲暴食や食生活が乱れていると毒素や添加物が体に溜まっているので、好転反応が出やすくなります。

好転反応がひどい場合は、食生活を見直し、準備期を長く取って再チャレンジしてみましょう。

③回復期(5日目~7日目)

ファスティングが終わった翌日からは回復食を食べます。

昼に付属のスープ、夜は雑穀のおかゆです。

 

酵素スムージーばかりだったので、スープがとてもおいしく感じ、雑穀のおかゆの自然な甘みとプチプチした食感がたまりません。

回復食が終わったら、だんだん普通の食事に戻していきますが、ここで食べ過ぎてしまうとリバウンドしてしまうので、注意が必要です。

6日目は軽めの食事、7日目の最終日は間食も食べることができます。

まとめ~ポイントを抑えてファスティングで理想の体を手に入れよう~

ファスティングに失敗しない最大のポイントは「空腹感のコントロール」「好転反応をうまく乗り越えること」だと思います。

空腹感と好転反応の症状を乗り越えるアイテムをうまく取り入れれば、ファスティングはほぼ成功したと言えるのではないでしょうか。

 

また、ワンデイクレンズはファスティングでツラい期間が少なく、必要なものが全てセットになっているので、ファスティング初心者でも始めやすく、失敗しにくいファスティングセットです。

 

1度のファスティングでやめてしまうのではなく、2週間に1度、理想のカラダが手に入るまで定期的に継続することで食習慣や体質改善にも効果的。

最初から7日間がツラいと感じるならば、まずは1食をスムージーに置き換え慣れたら3日間の短期間のファスティング、という風に慣らしていくやり方もあります。

 

あなたに合ったやり方でファスティングをすることで、少しずつ効果を実感し、理想のカラダを手に入れたいですね。

 

コツをおさえて、失敗しないお手軽ファスティング!
ワンデイクレンズセットのくわしい内容は公式サイトで確認できます。

公式サイトはこちら>>【ワンデイクレンズセット GBトク得コース】

-産後太り
-, , , ,

© 2022 さんごお悩み.com~産後のお悩み改善~ Powered by AFFINGER5